ミネラルウォーター・天然水 お得なまとめ買い


Posted on 2017年12月18日 投稿者: gensyodo
ミネラルウォーター・天然水 まとめ買い

はい、こんにちは!

源生堂ショップグループ店長のHITOMIです。

すっかり冬めいてきて布団から出るのが苦痛な日々が続いておりますね。
こちらでは今朝、車が霜で真っ白になった朝でありました。
・・・12月。
皆様には、年明けに向けて何かと忙しい日々をお過ごしかと思います。
大変お疲れ様です。

さて、今日は体の60%程度が水分と言われている、大切な「水」についてのご紹介です。

◇ミネラルウォーター◇

昨今、ミネラルウォーター、特に天然水を愛飲されてる方を多くお見受けします。

コンビニでも気軽に良質なものを手に入れることができますね。

そんなミネラルウォーターのまとめ買いはいかがでしょうか?

最近はコーヒーやお茶、料理などにも愛用されてる方も多いのではないでしょうか。

また、災害備蓄品として、ご家庭にストックされている方も多くなってきております。

mineralx.jpg

ではどんな用途に、どんなお水がいいか調べてみる事とします。

ミネラルウォーターには、「硬水」と「軟水」があるのはご存知ですよね。

ではそれぞれどんな特徴があるのでしょうか。

ミネラルウォーターには2つの要素によって、味や特徴が違います。
それは「硬度」と「pH値」によって微妙に変わってくるんです。
「硬度」は大きく「硬水」「軟水」に分かれます。

◇硬度によるミネラルウォーターの特徴◇

【硬水のメリット】

・ミネラルが豊富に含まれている。

・スポーツ時やダイエットなどのミネラル補給に適している。

・特に煮込み料理や茹でる料理、下茹でなどに適している。

【軟水のメリット】

・口当たりが軽くまろやかで飲みやすく、のど越しが柔らかい。

・赤ちゃんのミルク用にも。

・だしとの相性がよく、和食に適している。

・コーヒーやお茶などにも相性が良い。



◇pH値について◇

1~14の範囲で表されており、pH7が中性になります。

7より低いものが「酸性」高いものが「アルカリ性」となっています。

ミネラルウォーターの場合、おおむねpH7~pH10程度の値となっております。

私たち人間の体液はpH7.4前後の弱アルカリ性に保たれているといわれています。

そのため、pH7~8程度の弱アルカリ性の飲料水は体に良いとも言われており、

普段の水分補給や料理用にもおすすめしております。

大きく分けて、以上のような特徴があります。

用途によって使い分けるとおいしく、しかも健康的に摂取できます。

どうぞご参考になされて下さい。

mineral00001.jpg

当店では「5年保存水」など、賞味期限が長いものもご紹介しております。

災害備蓄用の水として重宝される商品です。

この機会にご家庭での備蓄用にも準備されてはいかがでしょうか。

mineral01.jpg

以上、今日はミネラルウォーターのお得なまとめ買いのご紹介でした。

これからもお得で素敵な商品を随時ご紹介していきます。

これからも源生堂ショップグループをよろしくお願い申し上げます

店長のHITOMIでした。

それでは、風邪などひかないようにお過ごしくださいね~($・・)/~~~






この記事へのコメント